スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトシンクルスの産卵&飼育システム(その2)

前回ペットボトルを切って、穴をあけただけの稚魚飼育設備!?(笑)をご紹介しました。

今回は、その続き・・・

実はペットボトル内には徐々にコケが生えたり、死んだ卵にカビが生えてきたりします。

コケはまだしも、カビ的な状況は他の卵や孵ったばかりの稚魚に良いわけもないので取り出してやらねばなりません。

スポイトで掃除します

掃除するためのスポイトは安いものでも構いません。

そろーーーっと他の卵や稚魚をビックリさせないようにスポイトを汚れのとこまで差し込んで、「ちゅ~~」っと吸い込みます。

吸い込んだものをその場で捨てられるように豆腐の空き容器などを近くに置いておくとよいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

お気に入りに追加してください

カテゴリ
最新記事
ランキング参加中
人気キーワード
  • SEOブログパーツ
  • SEOキーワード
SEO
ファミリーコンピューター
更新情報配信中
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。